自分で行う脱毛の正しい自己処理の方法

自己処理をし続ける事でのお肌の負担を少しでもなくして欲しいと 。

正しいシェービング処理

目で見ているだけではわかりませんが、カミソリでの自己処理では毛を剃るのと一緒に、お肌の角質も削っているので、お肌への負担はかなりのものです。とはいえ、むだ毛の処理としては一番手軽な方法である事も確かですね。きちんと準備を行い、アフターケアをしっかり行えば、お肌の負担はかなり減らせます。

  1. カミソリは女性の脱毛用に開発された物を用意し(剃りやすい持ち手や、肌への負担が少ないカミソリ刃を使用している等のメリットがあります)剃る部分をしっかり温めて毛穴を緩め、お肌の表面を柔らかくしておきます。
  2. シェービングクリームやジェルを剃る部分にたっぷりと塗ります。メントール系のものは、毛穴を刺激するのでお肌の弱い方は避けた方が無難です。また、ボディーシャンプーはどんなに泡立てても、お肌の油分を取った上で肌に直接カミソリ刃があたる為、おすすめできません。お肌に負担をかけるシェービングを繰り返すと、お肌は自ら角質を厚くして刺激を弱めようとする働きをはじめ、黒ずみの原因になります。お肌の負担を軽くするためにカミソリ刃がスムーズにお肌の上で滑るよう、シェービング専用のものを使いましょう。
  3. カミソリ刃を滑らせるように、優しくシェービングします。剃る方向は毛の流れに沿って。逆さ剃りを繰り返すと、毛穴に細菌が入って炎症を起こす原因になります。
  4. シェービング終了後のお肌はとてもナーバスになっています。タオルで抑えるように水分を拭き取り、保湿タイプの化粧水やボディージェルで栄養を与えましょう。開いた毛穴が気になるようなら、冷たいタオル等で毛穴を引き締めてください。

毛抜き等で『抜く』脱毛は毛の流れに逆らって一気に抜くので、痛みも大きくお肌への負担もかなりのものです。抜いた後の毛穴に細菌が入り、皮膚の表面が赤くぶつぶつしてしまいます。色素沈着(お肌の黒ずみ)の原因にもなります。抜く事により血球の供給を増加させ、以前よりも太くて根深い毛を生えさせ、毛自体がどんどんたくましくなってしまいます。また埋没毛の原因にもなりますよ。

生えてきたムダ毛をそのまま放ってはおけないですよね。 脱毛を始めてもしばらくは自己処理から逃れられません。たかがムダ毛処理と侮らず、5年後・10年後も美しいお肌を保つ為に、より刺激の少ない方法で 自己処理を行いましょう。